Top > 生活 > 借金の時効

借金の時効

週刊誌の宣伝広告、スポーツ新聞、電話ボックスに見られる宣伝チラシや郵便広告などで「借金の整理整頓いたします」「負債を一括化したくありませんか」などといった惹句を読むことがあります。

「整理屋」「買取人」「紹介人」という名称の悪徳会社の宣伝の場合があるのです。

それらを利用した際には破産申請手順の中で最も重要な免責認定を得られないパターンが存在します。

「整理屋」というのは、借金のある人をおびきよせ高い費用を要求して整頓を行いますが、結局のところ負債整頓は行われないで、依頼者はもっと債務スパイラルに堕ちてしまうときがほぼすべてになります。

「買取業者」の場合は債務者のクレジットカードで、家電、何らかの利用券を山ほど買い入れさせて、債務者からその品を販売額の20%もしくは半分で購入するという手口が主です。

負債者は小金が増えますが、まもなくクレジット会社による買ったものの完全な支払い要求がきて、債務を上乗せする結果となります。

このケースだとクレジットカード業者に対しての詐欺行為ということになって免責が受けられません。

「紹介人」は名の知れたサラ金から断られるようになった借金者に関して業者として貸出は一切せずに、貸出をしてくれる別の同業者を教えて、法外な費用を受け取る業者です。

紹介屋は直接の紹介で資金提供してもらえたという口調で会話しますが本当は何もしていなくて、シンプルにルールの緩やかな業者を伝えているというだけです。

このケースも結局は借金額をアップさせることとなります。
借金 しにたい

生活

関連エントリー
興行ビザの事情ハウスクリーニングを利用する。就活するならコレが大切借金の時効
カテゴリー
更新履歴
子宮頚がんワクチンの副作用~記憶障害を訴える少女たち(2014年7月29日)
海外旅行の費用の10万円をキャッシングしたい(2014年6月26日)
最近は家が作れるダンボールもある!(2014年6月 6日)
保険の確認(2014年5月10日)
プロポーズで踊る(2014年4月29日)