Top > 生活 > 興行ビザの事情

興行ビザの事情

外国人が日本国内でエンターテイメントの仕事をする場合、当然ですが滞在ビザが必要になります。
芸能の分野でし仕事をする場合は興行ビザの取得が欠かせませんが、近年では非常に取得が難しいのだそうです。
私には中国人の友人がいますが、元雑技団所属のダンサーなのです。この友人が言うには、「該当する芸能分野において、最低でも2年以上の専門機関でのトレーニングが必要」なのだそうです。
不法滞在の温床になった過去もありますが、もっとが良脳の分野に外国の風を吹かせるのも良いと思います。興行ビザなら、六本木に腕のいい行政書士さんを見つけたので、心配は無いのですが・・・

生活

関連エントリー
興行ビザの事情ハウスクリーニングを利用する。就活するならコレが大切借金の時効
カテゴリー
更新履歴
子宮頚がんワクチンの副作用~記憶障害を訴える少女たち(2014年7月29日)
海外旅行の費用の10万円をキャッシングしたい(2014年6月26日)
最近は家が作れるダンボールもある!(2014年6月 6日)
保険の確認(2014年5月10日)
プロポーズで踊る(2014年4月29日)